ボトックス注射を受ける際に大切なこと【医師とのカウンセリング】

表情シワを改善します

顔に触れる女性

クリニック選びは大事

ボトックス注射はその手軽さからプチ整形の中でも特に人気です。美容に敏感な女性だけでなく男性も受ける人が多いです。誰でも受けられますが、安全面を考えて注意しておきたいこともあります。まず抗生物質などの薬品を使用している人や妊娠中の方は利用できません。妊娠中の方は胎児にボトックスの影響が及ぶ可能性があるからです。妊娠するかどうか考えている人も後のことを考えてやめた方がいいでしょう。受けられるかどうかはカウンセリング時に医師の判断に基づきます。ボトックス注射は麻酔テープやクリームを使った後に施術します。注射針はとても細いので、強い痛みを感じることもほとんどありません。1か所数分で完了し、施術が終わった後もメイクや入浴ができます。大きな副作用やダウンタイムもなく安心です。特にアフターケアは必要なくいつも通りの生活をしてかまいません。しかし、なるべくマッサージなどの刺激は避けてください。稀に患部が腫れることがありますが数日で治ります。もし腫れが治まらないのであれば早めに医師に相談して対処してもらいましょう。表情シワや顔のエラの改善などに効果のあるボトックス注射は打つだけと手軽です。副作用やダウンタイムもないことから、美容整形の中でも人気となっています。例えば目じりのシワなら10〜15分程度で終わりますが効果は抜群です。最近ではボトックスを行う皮膚科・美容外科も増えてきました。顔に注射をするのできちんとした施術をしてくれるクリニックを選びましょう。まず使われている薬剤には様々な種類があります。現在の主流はアメリカにあるアラガン社のボトックス・ボトックスビスタになります。これよりも価格が高いのがドイツのメルツ社「ゼミオン」です。どちらも価格は高めですが高い安全性と信頼があります。価格の安い後発商品もありますが、品質面で未承認なものも存在します。まずはホームページなどで何の製剤を使っているかチェックしてください。他にも高い実績があったり症例数が詳しく載っているクリニックが望ましいです。電話で問い合わせて聞いてみても良いでしょう。 ボトックス注射は手軽な施術とはいえ、薬剤の量や注射を打つ位置で効果の度合いが変わります。すなわち医師の技量の高さが問われるのです。キャリアが数年以上ある医師が望ましいでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス注射を受ける際に大切なこと【医師とのカウンセリング】 All Rights Reserved.