ボトックス注射を受ける際に大切なこと【医師とのカウンセリング】

溶液の選択肢

医者と看護師

メリットを得る為に

シワ取りや小顔に、手軽でリーズナブルに効果が得られる事から人気のボトックス溶液の注射ですが、溶液の種類によって特徴があり施術の費用も異なってきます。安全性や効果が確認されており安心できるものを使いたい場合には、費用は高めですが厚労省の承認を得ておりFDA認可のボトックスビスタが適しています。一般的にボトックスとして注射に使われるボツリヌストキシン薬剤は、ディスポート、リジェノックス、ニューロックスなどが代表的です。ディスポートはヨーロッパで開発され、シワ取り効果はボトックスビスタ以上と定評がありますが、費用が高いのが特徴となります。リジェノックスは韓国で開発され、費用が割安となりますが、製品の純度が高く繰り返し使用しても抗体ができにくく、韓国内で臨床治験が行われ国の承認を受けており、安全性も高く人気です。ニューロックスも韓国で開発され費用は割安ですが、他に比べて効果は弱めで痛みが出やすく安全性に関する信頼性が低いと言われ、日本での使用は少ないです。ボトックス溶液の注射は手術に比べ費用対効果が高く手軽な事で人気ですが、使用する種類によって効果や費用が違いますので、重視したいポイントによって選択肢を変える事がおすすめです。ただしクリニックによっては、複数の種類のボトックス溶液の注射に対応していない場合もありますので、事前にカウンセリングや問い合わせをする事が必要となります。費用重視で考えるなら韓国で開発された、リジェノックスやニューロックスで安全性も兼ね備えたリジェノックスが適しています。費用は高めでも注射後に溶液が広がりやすく額やエラの張りなど、広範囲に渡る部位で効果を実感したい場合には、ディスポートが適しています。費用は割高でも、アメリカや日本国内で承認されていると言う安全性や信頼性で高い安心度を求めるのなら、使用実績も多いボトックスビスタが適しています。コンプレックスの解消の為には、カウンセリングなどで自分に最も合った施術法が何かを知り、チョイスする事が大きなメリットになります。

Copyright© 2018 ボトックス注射を受ける際に大切なこと【医師とのカウンセリング】 All Rights Reserved.